ルーブル美術館Ⅱ  --- 世界美術館へあなたを誘う ---

c0031085_854934.jpg

それでは、館内に入ってみましょう。

ルーブル内は沢山の彫刻が展示されています。
見ている人と比べてもお判り頂けるとうり、
かなり大きなのもが広い館内に多数並んでいます。

c0031085_865235.jpg

いわずと知れたアフロディテ 通称「ミロのビーナス」
紀元前100年頃作成されたもので、ギリシャのメロス島で発見されました。
大理石の彫刻は2.03mの大きさです。

このように囲いも無く、至近距離で見る事ができますが、
込んでいる時は人だかりも出来ます。

c0031085_871263.jpg

展示物のほかに気になったのは、彫刻の前でスケッチをする若者が
多かった事。

長い時間その前に座り込み、熱心にペンを走らせていました。
こんな間近に名作をスケッチ出来るなんて羨ましいですね。


c0031085_873457.jpg

そして古代ギリシャ美術で有名な 「サモトラケのニケ」
紀元前190年頃作サモトラケ島で発見されました。
大理石、高さ3.28m。

その大きく広げた翼を持つ女神像は、海戦の勝利を表現した?
とも言われている。

その堂々とした躍動感ある像に、見とれるばかり。
そのまわりを行き交う人,
ポジ撮影でスローシャッターになったが、以外に印象的な雰囲気に
写っていた。
[PR]

by hzx03056 | 2005-05-01 10:09 | アート

ルーブル美術館  --- 世界美術館へあなたを誘う ---

c0031085_20415241.jpg

ここはparis 「ルーブル美術館」
16世紀フランソワ1世が建てた、ルーブル宮に歴代の王が収集したコレクションを
1973年に一般に公開したのが美術館としての始まりだという。
そして、1993年現在の規模となった。

中央に見えるガラスのピラミッドがルーブルへの入り口です。
夜は街灯に照らされ、美しい景観となります。



c0031085_2040626.jpg

美術館は3つの翼から構成されます。
シュリー翼・ドノン翼・リシュリュー翼
それぞれ半地下から3階までの4層構造でかなり広大です。

<半地下>インフォメーションやショップ・cafeがあり
        展示物は古代オリエント・古代エジプト・古代ギリシャ・ローマ
        などの遺跡彫刻や美術品が並びます。

<1階>  イタリアルネサンスの彫刻・メソポタミア美術ハムラビ法典
        ファラオ時代のエジプト美術・ラムセス2世の座像・ミロのビーナスなど。

<2階>  イタリア名画がずらり並びます。
        モナリザ・ボッテチェリの聖母像と青少年ヨハネ
        フランス絵画の大作、ナポレオン1世の戴冠式・民衆を導く自由の女神
        グランド・オスタリスクの裸婦画。
        1階と2階を結ぶ階段広場にはサモトラケのニケ像がある。

<3階>  14世紀から19世紀までのフランス代表する絵画が集まっています。
        ルーベンス・コロー・フェルメール・ラ トゥール・ブーシェ等。
     
c0031085_20404084.jpg

建物や庭、屋外からの眺めも絵になります。
見方にもよりますが、急ぎ足でみても1日はかかります。。。
各所にあるcafeでゆっくりと、今日見た名作達に思いをめぐらせてみるのも
至福の一時ではないでしょうか・・・
[PR]

by hzx03056 | 2005-04-29 21:35 | アート

モネの館   印象派の光と影

c0031085_0252698.jpg

花めーるで使用した菜の花の写真。
印象派的かな・・・と、ファインダーを覗きながら思った。
日々暮らしの中で吸収した事や感じた事が、写真に影響する事がある。

2003年にフランス~ベルギーを旅行した際、多くの美術館に足を運んだ。
「クロード・モネ」 印象派としてあまりにも有名な彼。好きな画家の一人だ。
彼が晩年過ごした、ジベルニーのモネの家は、
Parisから列車で1時間程のところにある。
10月末 、晩秋の初霜が降りた日に訪れた。

c0031085_120838.jpg


モネの家の中で目をひいたのは、多くの浮世絵だった。
当時ヨーロッパの画家達に影響を与えた日本の浮世絵。
彼も影響を受けた一人だった。そして、コレクターでもあった。

季節を通じてさまざまな花が咲き乱れる彼の庭。
毎日、手入れをしそして絵を描く生活を送ったという。

そしてここにはあの睡蓮の池がる。
睡蓮の作品が何作も描かれていった。
それ程この庭と睡蓮の池を愛し、
その美しさに筆を走らせたのだろう。

目に映った感動を、彼なりの表現方法で描いたものが
印象派と呼ばれる絵となった。
時に、印象派的な写真もステキかなと思う私です。

c0031085_1155429.jpg

[PR]

by hzx03056 | 2005-04-27 01:25 | アート